筑紫野市【天拝山「飯盛城跡」】!Vol.2

2011/02/11(金)雨
筑紫野市に菅原道真公ゆかりの天拝山や、天拝山の麓には武蔵寺と天拝山歴史自然公園があり

また天拝山の中腹には荒穂神社や飯盛城跡などがあり、歴史上貴重な史跡が点在しています。

今回は天拝山と飯盛城跡それに天拝山歴史自然公園についての紹介です。

飯盛城跡は天拝山城の砦として、筑紫広門の家臣の帆足弾正が守っていました。

築城の時期や築城者については分かっていませが、筑紫氏の戦略上重要な位置を占めていました。

飯盛城跡は標高140m~150mの南北に細長い尾根上にあり

北側の一段高い部分が中心と考えられています。

北側の斜面は約60度の急傾斜があり、周囲には谷がめぐり自然の地形を巧みに

利用した砦でしたが、天正14年(1586年)に島津氏(鹿児島)との戦いで落城しました。



天拝山登山道と飯盛城跡の分岐点

画像





天拝山から飯盛城跡へ

画像





飯盛城跡

画像





飯盛城跡の中心地

画像





岩のすぐ上が飯盛城跡の天守部分で城の中心です

飯盛城跡下の紹介プレート

画像





飯盛城跡から武者隠しへ

画像





飯盛城の竪堀の跡で、武者隠しと言われています。

武者が堀の中に隠れて敵の攻撃に備えていました。

武者隠しの説明プレート

画像





中段の堀の部分が一段低くなっていて武者が潜んでいました。

武者隠し

画像




次回は天拝山歴史自然公園を紹介します。



飯盛城跡の地図写真






              カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!

画像




ブログ村ランキング

あなたのポチ!ポチ!で元気が出ます

  ↓ ↓
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック