福岡市南区老司「老松神社」!

2012/03/26(月)晴
福岡市南区老司の福岡少年院近くに老松神社があります。

祭神は菅原道真公の父上と母上様です。

南区は理由はわからないが「老松神社」が多く祀られているようです。

2007年に老松神社の境内西側で大宰府の観世音寺の創建瓦を焼成した

幻の登り窯1基が発見されたそうです。

この神社の裏手には老司古墳群も保存してあり、福岡市の大切な遺跡や史跡がある

重要な地域の一つです。


福岡市南区老司「老松神社」

画像






境内の大楠

画像





老松神社の手水舎

画像





老松神社本殿への階段

画像





老松神社本殿

画像





老松神社境内のようす

画像





境内の伏見稲荷大社

画像





境内に祭られている猿田彦大神

画像





老松神社由来記

画像




福岡市南区老司「老松神社」の地図




カメ吉の散策紀行

              カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!

画像



日本ブログ村ランキング

あなたのポチ!ポチ!で元気が出ます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  

この記事へのコメント

2012年03月26日 22:55
道真公のご両親って一緒に太宰府に流されてきたんですかね?ご両親を祀られるってのは、さすが道真公です。
カメ吉
2012年03月27日 10:22
ちしゃねんこさん
老松神社の由来記を読んで私もちしゃさんと同じ事を思いました。
まだまだ知らないことがたくさんあります。
益々、いろんな所に行ってみようと思っています。
鷲鷹応援団
2014年10月09日 23:27
色々な地名良く調べられましたね、感心します。投稿されて時間が過ぎてますが、勉強になります。今後も頑張って下さいm(_ _)m

この記事へのトラックバック