西鉄大牟田線の高架工事「雑餉隈~春日原駅」!

2016/05/24(火)晴 西鉄大牟田線の高架工事の伴う「雑餉隈~春日原駅」間の 工事の進捗状況の現在のようすです。 高架工事に必要な高架用の柱が随分目立つようになり 雑餉隈~春日原駅の間に新しい駅が出来るようです。 西鉄大牟田線の高架工事「雑餉隈~春日原駅」
画像
西鉄大牟田線の高架工事「雑餉隈~春日原駅」
画像
西鉄大牟田線の高架工事「雑餉隈~春日原駅」
画像
西鉄大牟田線の高架工事「雑餉隈~春日原駅」strong>
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
   アマゾンショップ

唐津市の鷹島肥前大橋!

2016/05/21(土)晴 唐津市の呼子本土と加部島をつなぐ全長728mの呼子大橋です。 呼子側にも加部島側にも無料駐車場があるので、 橋のダイナミックな姿を眺めることができます。 また、加部島にある丘の上の「風の見える丘公園」からは 呼子大橋や小川島、加唐島なども天気の良い日は見渡たせます。 朝市で有名な呼子と佐用姫の物語がある加部島を 結ぶ橋です。 ロマンあふれる島のイメージに合うプレストコンクリート橋です。 橋を渡った丘の上に「風の見える丘公園」があり、 ここから呼子大橋や小川島、加唐島などが良く見えます。 風の見える丘公園に 行く途中でヘリコプター遊覧飛行ができるところがあります。 コースはいろいろですが、一番安いコースでチャーター料6000円だそうです。 鷹島肥前大橋
画像
鷹島肥前大橋
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
   アマゾンショップ

東峰村の眼鏡橋のようす!

2014/01/08(水)雨 JR九州の日田彦山線の筑前岩屋駅から大行司駅に架かる3つのめがね橋は 昭和18年に完成した多連アーチ橋です。 近代土木遺産にも選ばれ、フジテレビ系の「ベストハウス1・2・3」の 日本の美しい鉄道橋でNO1になりました。 山里を駆け抜ける列車とめがね橋はよく似合っています。 東峰村の眼鏡橋
画像
眼鏡橋付近のようす
画像
眼鏡橋と列車
画像
日田彦山線を行く列車
画像
日田彦山線を行く列車
画像
東峰村の眼鏡橋の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

ぶらり散策紀行4周年を迎えて!

2014/01/07(火)晴 ブログを初めて4年目に入りました。 最初の記事は2010年1月13日でしたが今年2014年1月10日で ブログを開設してから、もうすぐ4周年を迎えます。 以下はウエブリブログ事務局からの案内です。 ウェブリブログに登録してから、あと2日で4周年になります。 ウェブリブログ事務局のまーさです。 ご利用いただき、ありがとうございます! ぶらり散策紀行 http://lovery-iruka.at.webry.info/ この4年間にあなたのブログで生み出された訪問回数は・・・ 208049 件 になります。 多いのか少ないのかわかりませんが 私にとっては記念すべき出来事です。 今後ともマイペースで続けていきますので 皆様これからも宜しくお願い致します。 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

東峰村の奈良尾の眼鏡橋!

2014/01/04(土)晴 筑前岩屋駅から大行司駅間には金剛野・奈良尾・松尾の3つの橋があり 日本の近代土木遺産に指定されています。 JR日田彦山線の山間をつなぐアーチの造形美が見事なこれらの橋は 明治21年にできた石積み工法様式で3つの輪があることからめがね橋と呼ばれています。 2月上旬からはめがね橋のライトアップが始まり 澄んだ夜空に浮かび上がる幻想的な姿が印象的です、 奈良尾の眼鏡橋
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

あけましておめでとうございます!

2014/01/01(水)曇 あけましておめでとうございます  ことしもよろしくおねがいいたします
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

東峰村の棚田親水公園!

2013/12/20(金)曇 福岡県朝倉郡東峰村棚田親水公園は宝珠山川の清流を利用した 水に親しむことが出来る自然公園です。 宝珠山川の水の流れを感じながら安全に水遊びが楽しめる河川プールは 子供連れのファミリーに人気となっています。 流れのない親水池やアスレチックなどの広場や 屋内の交流センターなどの設備も充実しています。 園内にはシャワーやレストランもあるので 1日中のんびり過ごすことが出来ます。 東峰村の棚田親水公園
画像
東峰村の棚田親水公園
画像
東峰村の棚田親水公園
画像
東峰村の棚田親水公園
画像
東峰村の棚田親水公園
画像
東峰村の棚田親水公園
画像
東峰村の棚田親水公園の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

粕屋郡久山町「上久原のかかし祭り」!

2013/11/23(土)晴 友人のふるさとである久山町の上久原ふるさと祭りの 案山子のようすを見てきました。 久山町は福岡市の隣にある街ですが 緑の山々と美しい田園が広がる昔懐かしい風景がある町です。 そんな久山町の今年の話題は平安時代後期から 鎌倉時代に栄えたとされる寺院跡の首羅山遺跡が国指定の史跡になったことでしょう。 そんな目出度い年に行われた案山子祭りのようすです。 次回は首羅山遺跡をこの目で見たいと思っています。 上久原のかかし祭り
画像
上久原のかかし祭り
画像
上久原のかかし祭り
画像
上久原のかかし祭り
画像
上久原のかかし祭り
画像
上久原のかかし祭り
画像
上久原のかかし祭り
画像
上久原のかかし祭り
画像
上久原のかかし祭り
画像
上久原のかかし祭り
画像
久山町上久原の案山子祭りの地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

東峰村の松尾眼鏡橋!

2013/11/15(金)雨のち晴/ 東峰村にある栗木野橋梁や宝珠山橋梁・第二大行司橋梁の3つの橋は 日本の近代土木遺産に指定されています。 その中の第二大行司橋梁「松尾」は 県道八女香春線に入ってから最初に出迎えてくれる橋です。 東峰村の松尾眼鏡橋
画像
東峰村の松尾眼鏡橋
画像
東峰村の松尾眼鏡橋の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

福岡県うきは市の若宮八幡宮の鷺!

2013/11/11(月)曇 福岡県うきは市吉井町の装飾古墳で知られる日ノ岡古墳周辺の森に 鷺科の鳥が巣作りをしていました。 この森は約6000坪程の広大な若宮神社の境内の森です。 白鷺やゴイサギなど約500匹がコロニーを造り そこにカササギも加わったようです。 糞の落下や雨上がりの異様な臭気の糞害や 夜間も続く叫び声に近い奇声に住民からの苦情も出ているようです。 若宮八幡宮の鷺
画像
若宮八幡宮の鷺
画像
若宮八幡宮の鷺
画像
うきは市の若宮八幡宮の鷺の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

2013 佐賀インターナショナルバルーンフェスタの会場!

2013/11/09(土)曇 先日行われた佐賀インターナショナルバルーンフェスタの会場のようすです。 旅行に出かけましたので紹介が遅くなりました。 会場には佐賀県の特産品などを販売する 特設会場が設営されていました。 軽食やのどを潤す屋台はもちろん牛丼の吉野家など 多くのお店も出店していて盛り上がっていました。 催し物の特設会場
画像
バルーンフェスタの会場
画像
バルーンフェスタの会場
画像
JRバルーン佐賀駅
画像
吉野家の自動車販売
画像
ホンダのバルーン用燃焼操作
画像
会場の青空食堂
画像
バルーンフェスタの会場
画像
バルーンフェスタの会場
画像
佐賀インターナショナルバルーンフェスタの会場の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

2013年佐賀県嘉瀬川の河川敷付近の佐賀航空の遊覧飛行会場!

2013/11/07(木)曇りのち晴/ 2013年佐賀インターナショナルバルーンフェスタの 会場の側に佐賀航空の遊覧飛行会場があり多くの方が楽しんでいました。 佐賀のバルーンフェスタには毎年参加しているみたいで 当日の催し物の一つとして根付いているようです。 私もこのバルーンの催しは数回近くを通りかかって見た事はありますが 今回初めて会場を訪れましたが、多数のバルーンの雄姿を見て感動いたしました。 今回は佐賀航空の遊覧飛行会場のようすを紹介します。 佐賀航空の遊覧飛行会場
画像
佐賀航空の遊覧飛行会場
画像
佐賀航空の遊覧飛行会場
画像
佐賀航空の遊覧飛行会場の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
    

2013佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

2013/11/03(日)雨 11月1日(金)に佐賀県のバルーンフェスタの会場までドライブをしてみました。 会場には休日でもないのに多くの方が バルーンの発着やマーカーを落とす場所に陣取っています。 私は風が少し強く感じられましたのでバルーンは 今日は飛べないのではないかと思い車へ戻り待つことにしました。 暫く待つと競技は2種目だけ行うと放送あり。 予想した通りの山側からの風のために 私のいるところを通過するコースの予想が見事的中しラッキーでした。 青空を飛ぶバルーン
画像
青空を飛ぶバルーン
画像
青空を飛ぶバルーン
画像
青空を飛ぶバルーン
画像
青空を飛ぶバルーン
画像
青空を飛ぶバルーン
画像
青空を飛ぶバルーン
画像
青空を飛ぶバルーン
画像
青空を飛ぶバルーン
画像
青空を飛ぶバルーン
画像
2013佐賀インターナショナルバルーンフェスタの会場の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

福岡市南区の那珂川のようす!

2013/10/31(木)曇 福岡市の中央を流れる那珂川の中流域ですが 南区の折立町付近のようすです。 数年前に河川の氾濫があったからか 河床の掘削工事があっていましたが騒音も無く工事は進んでいました。 南区の那珂川のようす
画像
南区の那珂川のようす
画像
南区の那珂川のようす
画像
南区の那珂川のようす
画像
南区の那珂川のようす
画像
南区の那珂川の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

福岡市中洲付近の那珂川のようす!

2013/10/22(火)晴 福岡市中洲付近の那珂川をぶらりと散策しましたので その時のようすを紹介します。 那珂川は福岡と佐賀の県境の脊振り山系から 那珂川町を通り福岡市の中心を流れて博多湾にそそいでいます。 福岡市の繁華街の中洲付近の那珂川の流れのようすです。 中洲付近の那珂川
画像
中洲付近の那珂川
画像
中洲付近の那珂川
画像
中洲付近の那珂川
画像
中洲付近の那珂川
画像
福岡市中洲付近の那珂川の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

太宰府市三条の慈母観音(子安観音)!

2013/10/20(日)曇 太宰府市三条の慈母観音(子安観音)です。 三瓶山を散策中に見つけました。 昭和48年(1973年の水害による 死亡者を供養するために建てられたそうです。 三条の慈母観音(子安観音)のようす
画像
三条の慈母観音(子安観音)のようす
画像
三条の慈母観音(子安観音)の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

太宰府市の普賢道路修繕費寄付表!

2013/10/03(木)曇 大正7年「1918」年三条普賢の道路を改修した時の 寄付者の名を記した記念碑です。 太宰府市三条の普賢山山頂にはかつて天台宗の寺院の 原八坊といわれた中世寺院がありました。 地元では伝教大師または智証大師の創立と伝えられていて 筑紫国第99番札所にもなっています。 太宰府市の普賢道路修繕費寄付表
画像
太宰府市の普賢道路修繕費寄付表の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

糸島市曽根の銭瓶塚古墳!

2013/09/30(月)雨 銭瓶塚古墳は曽根丘陵の中央部にあり古墳時代中期に 造られたと考えられる前方後円墳です。 墳丘は前方部と後円部の一部を道路によって壊されていますが 全長は約50メートル後円部の直径は約37メートルそれに 高さは約5メートル前方部の長さは約16メートルで 墳丘のまわりには幅約6メートルの周溝がめぐっていたと考えられます。 周溝内から円筒埴輪や朝顔形埴輪など形象埴輪が出土しており 伊都歴史資料館出土した家形埴輪が保管されています。 糸島市曽根の銭瓶塚古墳
画像
糸島市曽根の銭瓶塚古墳
画像
糸島市曽根の銭瓶塚古墳
画像
銭瓶塚古墳の案内板
画像
糸島市曽根の銭瓶塚古墳の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

福岡市西区の金武の大ヤマモモ!

2013/09/29(日)雨 県指定の天然記念物の金武の大ヤマモモは 金武の乙石集落の山裾にある推定樹齢約300年の雌株の樹です。 大ヤマモモの大きさは周囲4.4メートルで 根回り8メートル・樹高は14メートルの古木です。 福岡市西区の金武の大ヤマモモ
画像
福岡市西区の金武の大ヤマモモの説明版
画像
福岡市西区の金武の大ヤマモモの地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
    

太宰府市三条の水瓶山道標!

2013/09/24(火)晴 この道標は昔雨乞いの行われた水瓶山に向かう道標の事です。 水瓶山には伝教大師「最澄」の弟子たちのお坊が数多くありました。 1875年「明治8年」まで京都から7名のお坊さんをお招きし 雨乞いの祈願を行っていたそうです。 水瓶山道標
画像
太宰府市三条の水瓶山道標の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

太宰府市三条の砂防ダム!

2013/09/16(月)晴 平成15年7月19日に福岡県太宰府市三条が斜面崩壊の 土石流の水害に会いました。 災害が発生した場所は太宰府天満宮から北西へ約500メートルの 県民の森がある四王寺山の南東側斜面です。 四王寺山の南東側では、標高100メートル~から150メートル付近から下の方向に 傾斜が緩く扇状地的な地形が拡がっています。 四王寺山全体が白亜紀の花崗岩体で構成されていて 早良花崗岩と呼ばれ近くの宝満山も同じ地質となっています。 この時の災害の発生で砂防ダムが造られました。 当時の災害の状況と、砂防ダムのようすを紹介します。 太宰府市三条の砂防ダム
画像
太宰府市三条の砂防ダム
画像
太宰府市三条の砂防ダム
画像
大宰府の土石流のようす
画像
太宰府市三条の砂防ダムの地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
    

飯塚市に新しい橋が建設中の遠賀川の風景!

2013/09/02(月)曇 福岡県飯塚市川島にある川島古墳を見に来ましたが すぐ側に新しい橋が建設中でしたので紹介します。 建設中の橋の近くには川上と川下には立派な橋がありますが 完成すると便利になる橋なのでしょうか? 川島古墳は昭和63年「1988年」に道路改良工事中に発見され 市内では唯一の装飾古墳であることが明らかとなりました。 そのために近接する古墳3基を含めて古墳公園として整備されました。 建設中の新しい橋
画像
建設中の新しい橋
画像
画像
建設中の新しい橋
画像
飯塚市の遠賀川に建設中の橋の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

糸島市の白糸の滝!

2013/08/08(木)晴 糸島市の白糸の滝は前原から佐賀の古湯温泉にぬける 県道12号線から1キロばかり入った所の標高900mの羽金山の 中腹にある川付川の水源地近くにある滝です。 白糸の滝の高さは約24mで県の名勝に指定されており 水量も豊富で清流にはサンショウウオも棲息しているようです。 滝の周辺はふれあいの里となっていて 遊歩道などが整備されています。 滝のそばには四季の茶屋があり 夏場には「そうめん流し」やヤマメの塩焼きなどを食べることができます。 駐車場やトイレも整備されており 滝そばには白糸の滝観音があります。 糸島市の白糸の滝
画像
糸島市の白糸の滝
画像
糸島市の白糸の滝
画像
糸島市の白糸の滝
画像
糸島市の白糸の滝
画像
糸島市の白糸の滝
画像
糸島市内の眺め
画像
糸島市の白糸の滝の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

福岡県那珂川町五ヶ山の離郷の碑と弁財天と番神!

2013/08/02(金)晴 那珂川町の五ヶ山ダムの建設に伴い 五ヶ山地区の人たちが立ち退きでこの地区を後にされました。 ダムの建設現場付近に離郷の碑と共に 弁財天と番神様が祀られていましたので紹介します。 五ヶ山の離郷の碑と弁財天と番神
画像
五ヶ山の離郷の碑と弁財天と番神
画像
五ヶ山の離郷の碑と弁財天と番神
画像
五ヶ山の離郷の碑と弁財天と番神
画像
五ヶ山の離郷の碑と弁財天と番神
画像
五ヶ山の離郷の碑と弁財天と番神の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

東峰村の新野中橋付近のようす!

2013/07/31(水)晴 福岡県東峰村の小石原に行く途中に新野中橋があります。 これと言って珍しい橋ではありませんが この場所で休息をとりましたので橋と付近のようすを紹介します。 東峰村の新野中橋
画像
新野中橋付近のようす
画像
新野中橋付近のようす
画像
新野中橋付近のようす
画像
新野中橋付近のようす
画像
東峰村の新野中橋の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

福岡市東区の名島海岸!

2013/06/24(月)雨のち曇り/ 名島神社のすぐ前に名島海岸はあります。 福岡近辺では潮干狩が出来て市民には人気のある場所のようです。 この付近は駐車場が少なくて 潮干狩りのシーズンには違法駐車が多くて 付近の住民が迷惑をしているようです。 毎年の事ですが、おまわりさんも駐車違反のキップを切るのが大変だと思いますので 皆さん交通ルールは守って潮干狩りを楽しんでもらいたいものです。 福岡市東区の名島海岸
画像
福岡市東区の名島海岸
画像
福岡市東区の名島海岸の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
日本ブログ村ランキング あなたのポチ!ポチ!で元気が出ます! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  

筑前町のファーマーズマーケットみなみの里!

2013/04/29(月)晴 筑前町のファーマーズマーケットみなみの里は 平成21年4月29日にオープンしました。 みなみの里では地場産の米や四季折々の旬の野菜や山菜などの 伝統の惣菜などを販売しています。 また筑前町で取れた大豆から加工品の豆腐や惣菜などや 米から米粉パンを製造して販売しています。   また、かまど炊きご飯や筑前煮などの ふるさとの味を堪能できる農村レストランも併設しており 筑前町の食文化が楽しめる施設となっています。 筑前町のファーマーズマーケットみなみの里
画像
筑前町のファーマーズマーケットみなみの里
画像
筑前町のファーマーズマーケットみなみの里
画像
筑前町のファーマーズマーケットみなみの里
画像
筑前町のファーマーズマーケットみなみの里
画像
筑前町のファーマーズマーケットみなみの里
画像
筑前町のファーマーズマーケットみなみの里の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
日本ブログ村ランキング あなたのポチ!ポチ!で元気が出ます! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  

福岡県那珂川町の現人橋が新しくなっていました!

2013/04/27(土)晴 那珂川町の現人橋「あらひとばし」の名前は現人神社に由来するそうです。 神功皇后が朝鮮へ出兵した際、底筒男神・中筒男神・表筒男神の 三人の神様が彼女の軍船に姿を現わして 風や波を鎮めて無事に凱旋させたことから 神功皇后さまは大変喜んで 彼ら住吉神を現人神と呼んだそうでこれがこの現人神社名の由来です。 博多の住吉神社や摂津の住吉大社の元祖だそうです。 この付近は数年前の大雨で那珂川が氾濫したので 現人橋は新しく架け替えられたようです。 新しくなった現人橋
画像
新しくなった現人橋
画像
現人橋付近の那珂川のようす
画像
現人橋付近の那珂川のようす
画像
現人橋付近の那珂川のようす
画像
那珂川町の現人橋の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
日本ブログ村ランキング あなたのポチ!ポチ!で元気が出ます! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  

福岡県大野城市のみかさのもり大橋!

2013/04/26(金)晴 大野城市の御笠川に掛かるみかさのもり大橋です。 すぐ近くに御笠ノ森と言う史跡がありこの名前が付いたと思われます。 御笠の森とは、仲哀天皇のお后である神功皇后が 荷持田「甘木市秋月字野鳥」に住む羽白熊鷲という豪族を従わせようとして 福岡市の香椎宮から松峡宮「朝倉郡三輪町」へ向われていると 突然つむじ風が起こり皇后のかぶられていた笠が吹き飛ばされて この森の木にひっかかったため御笠の森というようになったそうです。 そして、この地の地名も御笠郡と名づけられ 御笠川の名前も御笠の森から名づけられています。 大野城市のみかさのもり大橋付近のようす
画像
大野城市のみかさのもり大橋付近のようす
画像
大野城市のみかさのもり大橋付近のようすの地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
日本ブログ村ランキング あなたのポチ!ポチ!で元気が出ます! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  

大野城市の牛頸川上流部のようす!

2013/04/21(日)晴 福岡市の大野城市を流れる牛頸川上流のようすです。 このすぐ上流が牛頸ダムとなっています。 牛頸川はここより御笠川と合流する短い川ですが 街中に自然を残す憩いの場所となっています。 今回紹介するところは、もうすぐ蛍が舞う 蛍の生息地となっています。 他にはカワセミのようすも観察ができて 短い川ですが市民に季節を届ける少ない自然の一部です。 大野城市の牛頸川上流部のようす
画像
大野城市の牛頸川上流部のようす
画像
大野城市の牛頸川上流部のようす
画像
大野城市の牛頸川上流部の地図 カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
日本ブログ村ランキング あなたのポチ!ポチ!で元気が出ます! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村