マレーシア旅行  ペトロナスツインタワー

2・2013-06-01マレーシアのペトロナス・ツインタワービル.jpg ペトロナスツインタワーは、1998年に完成したマレーシアのクアラルンプールにある超高層ビルです。 ペトロナスタワー、ペトロナスタワーズとも呼ばれています。
posted by カメ吉 at 13:27Comment(0)

マレーシア旅行  (高速道路を観光バスにてマラッカ海峡へ)

クアラルンプールから一路マラッカ海洋へ移動しましたが その時にお世話になった観光バスです。 添乗員の方の対応もよく、皆さん和やかに過ごしていました。 途中のサービスエリアで休息をとった時のようすです。 1・マラッカ海峡へ「高速道路」.jpg
posted by カメ吉 at 14:37Comment(0)

マレーシア独立戦争の国家記念碑!

2015/05/01(金)晴 国家記念碑はレイクガーデン北端近くのなだらかな丘の上にあります。 約12年間にわたったマレーシアの独立戦争に命を捧げた兵士たちの功績を称える ため造られた7人の兵士の像です。 この像は、アメリカの首都ワシントンにある海兵隊の戦争記念碑の作者 アメリカ人彫刻家フェリックス・デ・ウェルドンによる作品で、高さ約15メートルの 立体ブロンズ像です。 この像の一番上の人は勝利、左右の銃を構えた人は防御、真ん中の二人は介抱、 下の倒れた二人は倒した敵を表しているそうです。 夜にはライトアップされ、天気がよければ記念碑のある丘からは 国会議事堂やペトロナスツインタワー・KLタワーなど市街地も一望できます。 マレーシア独立戦争の国家記念碑
画像
マレーシア独立戦争の国家記念碑
画像
マレーシア独立戦争の国家記念碑
画像
マレーシア独立戦争の国家記念碑
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
   アマゾンショップ

マレーシア・ペナン島のチョコレート工場!

2014/01/03(金)晴 マレーシア・ペナントのチョコレート工場のようすです。 街中にありましたが、とても衛生的な感じがしました。 ペナン島のチョコレート工場
画像
ペナン島のチョコレート工場
画像
ペナン島のチョコレート工場
画像
ペナン島のチョコレート工場
画像
ペナン島のチョコレート工場
画像
ペナン島のチョコレート工場
画像
ペナン島のチョコレート工場付近
画像
ペナン島のチョコレート工場付近
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシア旅行のペナン島の街角!

2014/09/02(曇) マレーシアのペナン島の街角のようすです。 不思議と落ち着く街並みででした。 ペナン島の街角
画像
ペナン島の街角
画像
ペナン島の街角
画像
ペナン島の街角
画像
ペナン島の街角
画像
ペナン島の街角
画像
ペナン島の街角
画像
ペナン島の街角
画像
ペナン島の街角
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシアのペナン島で海鮮料理!

2014/08/17(日)曇 マレーシアのペナン島での夕食は海鮮料理でした。 ペナン島で海鮮料理
画像
ペナン島で海鮮料理
画像
ペナン島で海鮮料理
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシア キャメロンハイランドの朝市!

2014/06/15(日)曇 マレーシア キャメロンハイランドの 朝市散策のようすを紹介します。 キャメロンハイランドの朝市
画像
キャメロンハイランドの朝市
画像
キャメロンハイランドの朝市
画像
キャメロンハイランドの朝市
画像
キャメロンハイランドの朝市
画像
キャメロンハイランドの朝市
画像
キャメロンハイランドの朝市
画像
キャメロンハイランドの朝市
画像
キャメロンハイランドの朝市
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシアの国家記念碑!

2014/05/07(水)晴 マレーシアの国家記念碑は、クアラルンプールの レイクガーデン北端近くのなだらかな丘の上にあります。 マレーシアの独立に命を捧げた兵士を顕彰していますが 高さ15メートルの7人の兵士のブロンズ像です。 第二次世界大戦後の1948年にマラヤ連邦が発足しましたが その翌年から連邦に反対するマラヤ共産党の武装蜂起が始まります。 以後12年間にわたって混乱が続きましたが その戦いの戦没者を悼む施設です。 この記念碑は、アメリカの首都ワシントンにある 海兵隊戦争記念碑の作者ウェルドンが手がけた作品です。 噴水に囲まれて建っていて夜間にはライトアップされます。 マレーシアの国家記念碑
画像
マレーシアの国家記念碑
画像
マレーシアの国家記念碑
画像
マレーシアの国家記念碑
画像
マレーシアの国家記念碑
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシアのウブディアモスク!

2014/04/05(土)雨 マレーシアで最も美しいモスクと言われているウブディアモスクです。 ウブディアモスクは思わず写真を撮りたくなるような 魔法を持っているモスクです。 マレーシアのウブディアモスク
画像
マレーシアのウブディアモスク
画像
マレーシアのウブディアモスク
画像
マレーシアのウブディアモスク
画像
マレーシアのウブディアモスク
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

キャメロンハイランドのガソリンスタンド!

2014/02/05(水)曇 マレーシア・ツアーのバスがキャメロンアイランドで ガソリンの給油を行いましたのでその時のガソリンスタンドと周辺を紹介します。 特に日本のガソリンスタンドと大きな違いはありませんでした。 キャメロンハイランドのガソリンスタンド
画像
キャメロンハイランドのガソリンスタンド
画像
キャメロンハイランドのガソリンスタンド
画像
キャメロンハイランドのガソリンスタンド
画像
キャメロンハイランドのガソリンスタンド
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

クアラルンプールのローケツ染め民芸店!

2014/01/29(水)晴 マレーシアのクアラルンプール市内のローケツ染の民芸店のようすです。 マレーシアがローの染付が特産とは知らず ガイドのトニーに聞いてびっくりしました。 本人が着ていたシャツもローケツ染の特産品としてPR 仕事熱心な彼に脱帽! 彼の宣伝を効きながら到着した民芸店です。 クアラルンプールの民芸店
画像
クアラルンプールの民芸店
画像
クアラルンプールの民芸店
画像
クアラルンプールの民芸店
画像
クアラルンプールの民芸店
画像
クアラルンプールの民芸店
画像
クアラルンプールの民芸店
画像
クアラルンプールの民芸店
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシア クアラルンプールの独立広場!

2014/01/18(土)曇 マレーシアのムルデカ スクエア 「独立広場」のようすです。 近代的な高層ビルの並ぶクアラルンプールの中で歴史を感じられる場所です。 長方形の広場の周りを立派な歴史的建造物が並び 取り囲む建物は洋館にマレー様式を取り入れていて美しい街でした。 マレーシアがイギリスから独立し国として建国された際「1957年8月31日深夜」に イギリスの国旗ユニオン・ジャックが降ろされマレーシア国旗が掲揚された広場です。 今では何かのイベントが開催される場所として知られています。 クアラルンプールの独立広場
画像
クアラルンプールの独立広場
画像
クアラルンプールの独立広場
画像
クアラルンプールの独立広場
画像
クアラルンプールの独立広場
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシアの国立回教寺!

2014/01/12(日)曇 国立回教寺院はマレーシア・イスラム教活動の中心となる国立のモスクです。 青い星型のドームが印象的なで幾何学的デザインの外観をしています。 内装の大ホールは数千人を収容できる大きなもので 床にはイタリア産大理石が敷かれています。 モスクの周囲は緑が多くて噴水や池が配置されて美しいクリーンな雰囲気です。 この場所ではショートパンツなど露出度の高い服装は禁止となっています。 マレーシアの国立回教寺
画像
マレーシアの国立回教寺
画像
マレーシアの国立回教寺
画像
マレーシアの国立回教寺
画像
マレーシアの国立回教寺
画像
マレーシアの国立回教寺
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシアのクアラルンプールで民芸店へ!

2014/01/05(日)晴 クアラルプールの駅へ行く前に立ち寄った 恒例の買いもツアーです。 私にはまったく無縁の買い物でしたので 店内を一周してすぐにお店を出て街並みを楽しみました。 立ち寄ったお店は高層ビルの2階でしたが 向かいのビルもなかなか見ごたえにあるビルでした。 店内のようすとその周辺のようすを紹介します。 民芸店の内部のようす
画像
民芸店の内部のようす
画像
民芸店の内部のようす
画像
民芸店の周辺のようす
画像
民芸店の周辺のようす
画像
民芸店の周辺のようす
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシアのキャメロンハイランドのカクタスバレー!

2013/12/31(火)曇 キャメロンハイランドのカクタスバレーはサボテンを中心とした 園芸センターのような場所でした。 珍しい植物もあったりこういう場所を訪れるのも良いと思います。 園芸センターのようすです。 キャメロンハイランドのカクタスバレー
画像
キャメロンハイランドのカクタスバレー
画像
キャメロンハイランドのカクタスバレー
画像
キャメロンハイランドのカクタスバレー
画像
キャメロンハイランドのカクタスバレー
画像
キャメロンハイランドのカクタスバレー
画像
キャメロンハイランドのカクタスバレー
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシア旅行できし麺料理の昼食がでた!

2013/12/22(日)晴 キャメロンハイランドからペナン島へ 移動する途中の昼食できし麺の料理がでました。 味は薄味で大変おいしきし麺でした。 その他にもマレー料理が出てとても満足しました。 その時のきし麺とその他の料理を紹介します。 マレーシアのきし麺料理
画像
マレー料理
画像
マレー料理
画像
昼食をしたホテル
画像
ホテル食堂のようす
画像
ホテル食堂のようす
画像
ホテル周辺のようす
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレー鉄道「クアラルンプールからスリムリバー」!

2013/12/04(水)晴 今回のマレーシア旅行でマレー半島を縦断する マレー鉄道に乗車しました。 首都クアラルンプールからスリムリバー間の約80分 マレー鉄道の旅をお楽しみました。 車窓より椰子のジャングルやマレー集落などの素朴な 風景をお楽しませて頂きました。 スリムリバーよりバスにてキャメロンハイランドへの長旅に出発です。 クアラルンプールの駅
画像
クアラルンプールの駅
画像
クアラルンプールの駅
画像
クアラルンプールの駅
画像
クアラルンプールの駅
画像
クアラルンプールの駅
画像
クアラルンプールの駅
画像
スリムリバー駅
画像
スリムリバー駅
画像
スリムリバー駅
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシア クアラルンプールの王宮!

2013/11/25(月)曇 クアラルンプールにあるマレーシアの王宮のようすです。 マレーシアの9つの州のスルタンの中から5年ごとに 選挙で選ばれるマレーシア国王の公邸です。 もともとは富豪の豪邸として建てられたものとの事です。 首都クアラルンプールの中央駅から南700mほどの距離にあり 緑の芝生の中にある金色の丸屋根と白壁の建物です。 王室行事やレセプション・晩餐会・授与式などの国の行事や儀式が行われる会場で 敷地内に入ることは出来ませんが王宮の衛兵の交代式を見学出来ます。 クアラルンプールの王宮
画像
クアラルンプールの王宮
画像
クアラルンプールの王宮
画像
クアラルンプールの王宮
画像
クアラルンプールの王宮
画像
クアラルンプールの王宮
画像
クアラルンプールの王宮
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

ヘリテージホテルキャメロンハイランド!

2013/11/14(木)晴 ヘリテージ ホテル キャメロン・ハイランドはタナ・ラタの丘の上に建つ 6階建て英国チューダー朝式のメルヘンチックな外観のリゾートホテルです。 すべての客室は上品な内装でバルコニーからは ホテルを囲む山々の景色が楽しめます。 ヘリテージホテルは標高約1500メートルの高原にあり 周囲を熱帯雨林に囲まれていますがタナ・ラタの中心までは 約10分ほどの所にあります。 友人と夜明け前にホテルとその周辺を散策しましたので その時の様子を紹介します。 ヘリテージ ホテル キャメロン・ハイランド
画像
ヘリテージ ホテル キャメロン・ハイランド
画像
ヘリテージ ホテル キャメロン・ハイランド
画像
ヘリテージ ホテル キャメロン・ハイランド
画像
ヘリテージ ホテル キャメロン・ハイランド
画像
ヘリテージ ホテル キャメロン・ハイランド
画像
ヘリテージ ホテル キャメロン・ハイランド
画像
ヘリテージ ホテル キャメロン・ハイランド
画像
ヘリテージ ホテル キャメロン・ハイランド
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシアのキャメロンハイランドの紅茶農園!

2013/10/30(水)晴 キャメロンハイランドに到着すると見渡す限りのお茶畑が続いていました。 マレーシアの高原リゾートのキャメロンハイランドです。 この避暑地はマレーシアに駐留していたイギリス人将校が 避暑地として開拓したようです。 赤道近いキャメロンハイランドの照りつける日光は 南国を思わせる強い日差しですが、標高1500メートルという高さのおかげで 気温は抑えられて一年中5月の軽井沢みたいな気候でした。 イギリス人将校が開拓した高原リゾートにふさわしい英国式紅茶畑のようすです。 ここで栽培された紅茶はマレーシアが誇る紅茶ブランド 「BOHティー」として店頭に並んでいます キャメロンハイランドの紅茶農園
画像
キャメロンハイランドの紅茶農園
画像
キャメロンハイランドの紅茶農園
画像
キャメロンハイランドの紅茶農園
画像
キャメロンハイランドのTEA HOUSE
画像
キャメロンハイランドのTEA HOUSE
画像
キャメロンハイランドのTEA HOUSE
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

キャメロンハイランドへ行く途中の高速道路のサービスエリア!

2010/10/21(月)曇 マレーシアのキャメロン・ハイランドはマレー半島のほぼ中央部にあります。 標高1300メートル~1800メートルの高原は一年を通して 気温が15°~25℃でマレーシアとは思えない涼しさです。 1855年に英国人国土調査官ウィリアム・キャメロンによって発見された後は 避暑地として開発されたために街のいたるところに欧州様式の建物があります。 キャメロンハイランドは夏でも冷たい空気と水が快適でした。 日本人の長期滞在者も多くここの名物料理は 前回紹介したスチーム・ボート「中華風寄せ鍋」です。 マレーシアの高速道路のサービスエリア
画像
マレーシアの高速道路のサービスエリア
画像
マレーシアの高速道路のサービスエリア
画像
マレーシアの産物のアブラヤシ
画像
マレーシアの産物のアブラヤシ
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

クアラルンプールのペトロナスツインタワービル絶景ポイント!

2013/10/16(水)曇 ペトロナスツインタワーは1998年に完成した マレーシアのクアラルンプールにある超高層ビルです。 ガイドのトニーに教えてもらいましたが絶景ポイントとの事でした。 ペトロナスツインタワービル
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

クアラルンプールの「昼食のチキンライス付マレー料理」!

2013/10/12(土)晴 クアラルンプールでの最後の昼食の チキンライス付マレー料理をいただきました。 昼食後マレー鉄道でスリムリバーへ移動し マレーシアの避暑地で有名なキャメロンハイランドへと向かいます。 クアラルンプールで最後の昼食をした食堂
画像
昼食をした食堂付近の街のようす
画像
昼食をした食堂付近の街のようす
画像
昼食をした食堂付近の街のようす
画像
食堂の前で木で作ったお皿を販売中
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
 

マレーシアのイスカンガルの滝!

2013/10/06(日)晴時々曇り/ キャメロンハイランドからマラッカへのドライブルートは タナラータからリングレットを抜けタパという街まで山を下る旧道が最短距離です。 もう一つは、タナラータからブリンチャンを抜けて新道と呼ばれるハイウエーで 山を下りシンパン・プライという料金所から高速でマラッカに向かうルートがあります。 旧道の途中にはオランアスリと呼ばれる原住民の家屋やみやげ屋も旧道沿いにあり イスカンダルの滝と呼ばれる荘厳で落差も幅もある滝を見る事が出来ます。 マレーシアのイスカンガルの滝
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

キャメロンハイランドでのマレーシア名物スチームボート!

2013/10/02(水)晴 マレーシア名物スチームボート(マレーシア風水炊き鍋)です。 魚のすり身+野菜等二種類目の鍋で この二種類目の鍋を作る前に一種類目の具は全て取り除きます。 三種類目の鍋はエビが入ってスープがいっそう美味しくなりました。 最後にはラーメンとビーフンを入れて初めて思っていた以上に美味しかったです。 マレーシア名物スチームボート
画像
マレーシア名物スチームボート
画像
キャメロンアイランドの町並み
画像
建設途中で中止した建物
画像
今夜の夕食の食堂
画像
今夜の夕食の食堂
画像
マレーシア名物スチームボート
画像
マレーシア名物スチームボート
画像
マレーシア名物スチームボート
画像
マレーシア名物スチームボート
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシア マラッカの青雲亭!

2013/09/21(晴) マレーシア最古の仏教寺院チェン・フーン・テン「青雲亭」のようすです。 マラッカにはマレーシア最古のイスラム教モスクや ヒンドゥー教寺院と中国仏教寺院が多くあります。 キリスト教の教会もマレーシア最古の教会がマラッカにあります。 チェン・フーン・テン寺院「青雲亭」は マラッカのチャイナ・タウンにある最大の中国寺院です。 建立されたのは1646年で寺院の建設資材は中国本土から運ばれたそうです。 当時のマラッカには多くの中国人が住んでいましたが その中国商人たちはかなりの財力が有ったことが分かります。 マラッカの青雲亭
画像
マラッカの青雲亭
画像
マラッカの青雲亭
画像
マラッカの青雲亭
画像
マラッカの青雲亭
画像
マラッカの青雲亭
画像
マラッカの青雲亭
画像
マラッカの青雲亭
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシア マラッカ「馬六甲」の中華街!

2013/09/13(金)晴 マレーシアでは「馬六甲」と漢字で書いて「マラッカ」と発音します。 中華系マレーシア人が漢字で表現したマラッカの地名だそうです。 マラッカ王朝建国の頃中国は「明」の時代ですが その頃マラッカのことを「満刺加」と書いていたそうです。 ちなみに「馬来西亜」と書いてマレーシアと読んだようです。 ハン・ジュパツ通りとその1本南側のトゥン・タン・チェン・ロック通りを 中心として中国人街が形成されております。 中国人街では定番の寺院や中華会館や商家などの 古い建物が軒を連ねており一軒ずつ見て行くと面白いものです。 マラッカ「馬六甲」の中華街
画像
マラッカ「馬六甲」の中華街
画像
マラッカ「馬六甲」の中華街
画像
マラッカ「馬六甲」の中華街
画像
マラッカ「馬六甲」の中華街
画像
マラッカ「馬六甲」の中華街
画像
マラッカ「馬六甲」の中華街
画像
マラッカ「馬六甲」の中華街
画像
マラッカ「馬六甲」の中華街
画像
マラッカ「馬六甲」の中華街
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシア「クアラルンプールのチャイナタウンの散策」!

2013/09/06(金)曇 夕食の跡にクアラルンプールのチャイナタウンを散策しました。 通りは人が多くてなれない私は息苦しくなり 人が少ない通りへと退避! 海外からの旅行者が多いのには驚きました。 販売している商品の値段は非常に安く 韓国の南大門市場のような雰囲気でした。 そんな市場のようすを紹介します。 クアラルンプールのチャイナタウン
画像
クアラルンプールのチャイナタウン
画像
クアラルンプールのチャイナタウン
画像
クアラルンプールのチャイナタウン
画像
クアラルンプールのチャイナタウン
画像
チャイナタウンの地図
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシア旅行「クアラルンプールのKLタワー」!

2013/08/30(金)雨 マレーシアのクアラ・ルンプールにあるKLタワー は 首都クアラルンプールにある通信塔の事です。 現地ではKLタワーと呼ばれて親しまれています。 通信塔としては世界第4位の高さ 「約421メートル」 で 東南アジアでは最も高いタワーです。 地上276メートルに展望台があります。 展望台から目の前に見えるペトロナスツインタワーとともに クアラルンプールのランドマークとなっています。 KLタワーは標高94メートルの丘のブキッナナス の頂上に建てられているため 高さ452メートルのペトロナスツインタワーより高く見えます。 クアラルンプールのKLタワー
画像
クアラルンプールのKLタワー
画像
KLタワーのエレベーターホール前のようす
画像
KLタワーの展望台へ上るエレベーターホール
画像
KLタワーの展望台の風景
画像
KLタワーの展望台より見るペトロナスツインタワー
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像
  

マレーシア旅行「クアラルンプールで中華料理の夕食」!

2013/08/26(月)雨のち曇/ クアラルンプールでの最終日には中華料理の夕食でした。 高速道路を降りて暫く走るとレストランが見えてきました。 夕方6時頃ですがまだまだ明るい夕食となりました。 レストランの裏手には池があり とても静かでホッとする風景が楽しめました。 クアラルンプールで中華料理の夕食
画像
クアラルンプールで中華料理の夕食
画像
クアラルンプールで中華料理の夕食
画像
クアラルンプールで中華料理の夕食
画像
クアラルンプールで中華料理の夕食
画像
カメ吉の散策紀行               カメ吉のHPを公開しています・・・寄り道訪問大歓迎!
画像